難病があって仕事に不安を抱える方へ…、難病専門就職支援ベネファイを利用してみては?

仕事
スポンサーリンク

難病にかかっている方は、仕事に対する不安が大きいと思います。

僕も病気を抱えて仕事をしていますが、「今後、今の仕事を続けられるのか」という不安があります。

現在は理解ある職場で働けていますが、以前、職場に病気のことを伝えても、あまり理解してもらえなかったことがあり「病気のつらさは、かかった本人でなければ理解し難いものなんだろうな」と感じました。

自分でも病気にかかってから病気のことを理解していったのに、病気にかかってもいない他人が人の病気を理解するのは難しいでしょうからね…

なので、現在の職場に就職できたことはラッキーだったなと思っています。

僕は運よく理解ある職場を見つけることができましたが、うまく職場を見つけることができない難病を抱えた方も多いのではないかと思っています。

なので今回は、難病があっても不安なく仕事がしたいという方のために、日本初の難病のある方専門の就労移行支援事業所を紹介します。

難病があって仕事に不安を抱える方へ…、難病専門就職支援ベネファイを利用してみては?

難病があって仕事に不安を抱えている気持ちはよくわかります。

だけど、行動しないと何も解決しません。

とはいえ、つらいのに無理して働かなくてもいいとも思っています。

ある程度、心に踏ん切りがついたら難病専門就職支援というサービスがあるので、利用してみるといいですよ。

難病の方専門の就労移行支援【ベネファイ】とは

ベネファイは日本初の難病のある方専門の就労移行支援事業所です。

難病を持った方が長期就労していくために必要な、症状理解やストレスマネジメント、ビジネススキル等の独自の研修を受けることができます。

自分の疾病や、就職後の働き方など、希望に合わせて効果的なトレーニングを行うことができます。

現在、東京(御茶ノ水)に事業所があります。

ベネファイを利用できる方は、難病があり一般企業等での就職を目指している方で、就職後に安定的に働きたいと考えている満65歳未満の方、かつ、東京(御茶ノ水)に週4~5日(平日)通所可能な方です。

障害者手帳の有無は問いません。

※現職中は利用不可

就労移行支援とは

就労移行支援とは、障害者総合支援法を根拠とする障害者への職業訓練制度であり、一般就労等を希望し、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じ、適性に合った職場への就労等が見込まれる65歳未満の者を対象とする。利用者は企業等への就労を希望する者、技術を習得し、在宅で就労・起業を希望する障害者等である。

ウィキペディア(Wikipedia)

ベネファイを利用するメリット

  • 充実した就職サポートが受けれる
  • 即戦力として活躍できるスキル習得ができる
  • 自分の疾病と対策を発見できる
  • 難病専門のカリキュラムがある

ベネファイを利用するメリットは上記のようなことが挙げられます。

以下にそれぞれの理由を紹介します。

充実した就職サポートが受けれる

ベネファイは15年以上に渡り障害者の就職・転職をサポートしてきた 「atGP転職サービス」のゼネラルパートナーズが運営しています。

就職活動の進め方から実際の活動、 就職後の職場定着までしっかりとサポートしてもらえます。

就職先の企業とのパイプが豊富にあるのも特長です。

即戦力として活躍できるスキル習得ができる

ベネファイではオフィスワーク(事務職)を想定した模擬職場で、パソコンを使用する課題を受けることができます。

場面に応じたコミュニケーションや、仕事の段取りも学べ、生きたスキルが身に付きます。

自分の疾病と対策を発見できる

ベネファイでは、難病で苦労した経験のある仲間と切磋琢磨しながら成長できます。

グループワークで難病についてディスカッションしたり、悩みを相談しあう中で、自分の疾病を含めた自己理解を深めることができます。

難病専門のカリキュラムがある

自分の疾病理解に加えて、周囲への疾病説明の方法や具体的な配慮の伝え方を学ぶことで、就職後に治療と仕事を両立させながら、長期的に働いていくためのスキルが学べます。

カリキュラムの一例

職業トレーニング

パソコンを中心にしたトレーニングで、「報告連絡相談」のコミュニケーションも重視した職場に近い環境でのトレーニングです。

就職する前にこういった環境を経験しておくと安心ですね。

ストレスマネジメント研修

ストレスの要因となる自分を苦しめる思考のパターンを知り、それを柔軟な考え方に変えるトレーニングを行います。

難病があってもなくても、また、仕事、プライベートに関わらず、自分でストレスマネジメントができるようになると人生が楽になりますよね。

卒業後も一生使えるスキルだと思います。

ビジネスマナー研修

社会人として求められるマナーを学び、実践できるように練習します。

ベネファイは職場を想定した環境のため、常に練習の場が用意されています。

社会に出てからは、こういったスキルはけっこう大事です。

ビジネスマナーを学んでおけば、周囲とのやり取りが円滑になりますからね。

結果、自分が楽になりますよ。

就活研修

配慮事項を伝えながらの就職活動の進め方をレクチャーします。応募書類の作成や面接対策も行ってまいります。

症状理解研修

ご自身の疾病と向き合い、体調を安定させる為の理解や長く仕事を続けていく上で必要な配慮について考えていく研修です。

事業所発表会

複数の企業の前で準備した資料を発表します。

企業から逆指名を頂ける貴重な機会です。

企業から逆指名してもらえたら、就職活動をする手間が省けていいですよね。

何回も履歴書を書いたり、面接したりするのは疲れますからね。

ベネファイを利用することで解決できる悩み

ベネファイを利用することで以下のような悩みが解決できます。

  • 疾病を伏せて働いてきたが、今後は疾病の事を伝えて通院等の配慮がある企業で働きたい。
  • 体調の事を考えると事務職を希望するが、事務職の経験が無い。
  • 疾病発症後、社会経験が少なく働くことに不安がある。
  • どのように就職活動をしたらよいかわからない。
  • オープン就労かクローズ就労かで悩んでいる。
  • 治療と仕事を両立させたい

通所時間や日数

通所時間:10時~16時

日数:週5日

利用期間:就職が決まると卒業(最長で原則2年間)

※個別の事情に配慮し、通所時間や日数の希望は相談できます。

見学や体験もできるので、一度見学し相談してみるといいです。

料金

収入の状況により、無料で利用できる場合と自己負担が発生する場合があります。

交通費・昼食費については自己負担です。(市区町村によっては補助がある場合もあります)

ベネファイからのメッセージを紹介

難病のある方は配慮が必要にもかかわらず、 難病を伏せて、就職活動をされるパターンがほとんどです。

故に体調が良い時は問題ありませんが、 悪化した時に配慮を貰えず体調を悪化させて離職してしまう傾向があります。

そのような難病に対しての配慮がまだまだ行き届いていない社会に対して、 一石を投じるべく立ち上げたのがベネファイです。

難病のある方は、障害者手帳をお持ちでない方も多くいます。

自己理解を深めつつ、企業から求められる事と ご自身が出来る事のギャップを見つめなおす機会を提供し、 手帳がなくても応募できる一般枠で無理せず働ける求人を探すサポートをしています。

利用までの流れ

  1. 問い合わせ・見学予約
  2. 見学
  3. 体験通所
  4. 医師意見書の提出/受給者証の申請・発行
  5. 利用開始
障がい者の転職サポート実績業界No.1のatGPと連携!難病の方専門【ベネファイ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました