【ポータブル電源】容量700Wh前後のおすすめは?比較表とランキングでチェック!

ポータブル電源

容量700Wh前後のポータブル電源で、何を買おうか迷っているあなた。

有名メーカーのポータブル電源の比較表とランキングを作ってみたので、参考にしてみて下さい。

今回は、容量700Wh前後のポータブル電源でおすすめの、Jackeryジャクリポータブル電源 708BLUETTIブルーティ EB70 、PowerArQパワーアークAnker PowerHouseアンカー パワーハウスII 800を比較しています。

レーダーチャートを見ると、総合的な評価ができます。

国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから

比較表

名称 Jackeryジャクリポータブル電源 708 BLUETTIブルーティ EB70  PowerArQパワーアーク Anker PowerHouseアンカー パワーハウスII 800
画像 BLUETTI EB70 小型ポータブル電源 716Wh/700W Anker PowerHouse II 800
価格 ¥79,800
JACKERY公式サイト
¥78,800
BLUETTI公式サイト
¥66,000
LINEお友達登録で
¥5,000オフ
(PowerArQ公式サイト
)
¥74,800
(Anker公式サイト)
容量 708Wh/191,400mAh 716Wh 626Wh/174,000mAh  778Wh/216,000mAh
充電時間 ACアダプタ:約5時間
シガーソケット:約13時間
100Wソーラーパネル(別売り)
:約14時間
ACアダプタ:約3.5時間
シガーソケット:約7時間
200Wソーラーパネル(別売り)
:約3.5時間
ACアダプタ:約8時間
シガーソケット:不明
ソーラーパネル
:不明
ACアダプタ+USB-C×2 (同時本体充電 ):約5時間
他:不明
出力
ポート
AC×2
DC/シガーソケット×1
USB-A×1
USB-A(QC 3.0)× 1
USB-C×1
合計:6
AC×4
DC×2
DC/シガーソケット×1
USB-A×2
USB-C×2
ワイヤレス×1
合計:12
AC×1
DC6.5mm(6514)×2
DC/シガーソケット×1
USB-A×3
合計:7
AC×2
DC5.5mm×2
DC/シガーソケット×1
USB-A×4
USB-C×2
合計:11
AC出力
周波数
60Hz  50Hz/60Hz 60Hz  50Hz/60Hz
出力波形 正弦波 正弦波 正弦波 正弦波
定格出力(W) 500W 700W 300W 500W
ソーラー
パネル
専用ソーラーパネルあり
(別売り)
専用ソーラーパネルあり
(別売り)
専用ソーラーパネルあり
(別売り)
専用ソーラーパネルあり(別売り)
重量 6.8kg 9.7Kg 6.0Kg 約 8.3 kg
保証 2年間 2年間 2年間
(PowerArQ公式サイト
から購入すると3年間)
1年半
(会員限定6ヵ月延長保証)
その他 UN38.3、PSE認証
BMS(バッテリーマネージメントシステム)搭載
LEDライト搭載
PSE、FCC、CE, UN38.3 、MSD、UL and ROHS認証
パススルー充電対応
BMS(バッテリーマネージメントシステム)搭載
MPPT(最大電力点追従制御)コントローラー搭載
PSE認証 LEDライト搭載
ACポート・DCポートに防塵防水カバー搭載
パススルー充電対応
BMS(バッテリーマネージメントシステム)搭載
耐衝撃(50cmからの落下テストクリア)
充電・給電可能な残り時間や満充電までの時間がわかるディスプレイ
PSE、UN38.3、CE、UL、FCC、RoHS認証

レーダーチャート

総合ランキング

※総合ランキングは、各項目の1位を4点、2位を3点、3位を2点、4位を1点として採点しています。

1位: BLUETTI EB70 (30点)

パワーオーク株式会社が展開するポータブル電源ブランドBLUETTIEB70が堂々の1位!

ほとんどの項目で1位を独占しています。

容量は2位でしたが、716Whもあれば十分でしょう。

重量は残念ながら4位で、9.7Kgと少し重いです。

力に自信のない人は、持ち運びがちょっときついかもしれません。

しかし、それ以外は言うことなしの結果となりました。

ちなみに、同ブランドのBLUETTI EB55容量500Wh前後のポータブル電源比較でも1位を獲得しています。

2位:Anker PowerHouse II 800 (28点)

2位は、Anker PowerHouse II 800  !

仕様に書いてある項目以外にも、「給電可能な残り時間」「フル充電までの時間」がわかるディスプレイや、50cmからの落下テストをクリアした高い耐衝撃性なども魅力の1つです。

安さは3位でしたが、容量が1位で778Whあるので、価格自体は妥当でしょう。

3位:jackeryポータブル電源708(23点)

3位は、jackeryポータブル電源708

ポータブル電源といったらコレ!と言っていいほど有名なジャクリでしたが、700Wh前後のランキングでは3位止まりという結果になってしまいました。

性能は良いのですが、他のポータブル電源に比べて、価格が少しだけ高かったですね。

ジャクリはよくセールをやっているので、こまめにチェックしておくといいです。

出力ポート数でも4位でしたが、AC、シガーソケット、USB-A、USB-Cと、最低限必要な分はあるので、同時にいくつも出力ポートを使わないのであれば、問題はありません。

4位: PowerArQ (22点)

4位は残念ながら PowerArQ

見た目はオシャレなのですが、値段の割に性能がいまいちでしたね。

パワーアークの見た目が好きな人はパワーアーク3がおすすめです。

性能も上がっているし、バッテリーが取り外して交換できるといった新機能が付いています。

各項目の見方とランキング

比較表の項目ごとに、どの製品が優れているのかをランキングにしています。

各項目の意味を更に詳しく知りたい場合は、ポータブル電源の選び方!仕様(スペック)の見方がわかれば失敗しない!という記事をどうぞ。

価格

価格は安い方がいいですが、自分が望む性能を満たしているかも確認しておきましょう。

安さランキング

  • 1位:PowerArQ(公式サイト¥66,000※LINEお友達登録で¥5,000オフ)
  • 2位:Anker PowerHouse II 800(公式サイト¥74,800
  • 3位:BLUETTI EB70(公式サイト¥78,800
  • 4位:Jackery ポータブル電源 708(公式サイト¥79,800

容量

容量は多い方が、たくさん充電できます。

容量ランキング

  • 1位:Anker PowerHouse II 800(778Wh/216,000mAh)
  • 2位:BLUETTI EB70(716Wh)
  • 3位:Jackery ポータブル電源 708(708Wh/191,400mAh)
  • 4位:PowerArQ(626Wh/174,000mAh)

Wh(ワットアワー)とは…

1時間に消費できる電力のこと。

例えば100Whだと、理論上、消費電力が100Wの製品を1時間使える容量があるということです。

mAh (ミリアンペアアワー) とは…

1時間に流せる電流のこと。

例えば100mAhだと、 理論上、 100mAの電流を1時間流せる容量があるということです。

充電時間

充電時間は、短い方が早く充電できます。

充電時間ランキング

  • 1位:BLUETTI EB70(ACアダプタ:約3.5時間)
  • 2位:Jackery ポータブル電源 708(ACアダプタ:約5時間)
  • 3位:Anker PowerHouse II 800(ACアダプタ+USB-C×2同時充電:約5時間)
  • 4位:PowerArQ(ACアダプタ:約8時間)

出力ポート

出力ポートはたくさんあった方が、多くの機器を使用できます。

また、出力ポートの数だけでなく、種類の多いものを選ぶと色んな機器に対応できます。

出力ポート ランキング

  • 1位:BLUETTI EB70(数12、種類6)
  • 2位:Anker PowerHouse II 800(数11、種類5)
  • 3位:PowerArQ(数7、種類4)
  • 4位:Jackery ポータブル電源 708(数6、種類5)

AC出力周波数

SHARP HPより

日本の電源周波数は、東側は50Hz、西側は60Hzとなっています。

なので、その地域で買った電化製品は、この周波数にしか対応していないものもあります。

(詳しく知りたい方は、 SHARPのHP を見るとわかりやすいです。)

ポータブル電源を選ぶときも、出力周波数が自分の持っている電化製品に合っているか確認しておかないと、「せっかく買ったのに、自分のもっている製品が使用できなかった」ということになるので気をつけましょう。

面倒くさい人は 50/60Hzどちらも対応しているものを選ぶといいです。

AC出力周波数 ランキング

  • 1位:BLUETTI EB70(50/60Hz)
  • 1位:Anker PowerHouse II 800(50/60Hz)
  • 3位:Jackery ポータブル電源 708(60Hz)
  • 3位:PowerArQ(60Hz)

出力波形

多くの家電製品は正弦波を前提に設計されているため、ポータブル電源の出力波形も正弦波のものを選ぶことをおすすめします。

矩形波や修正正弦波のものを使用すると、製品が故障する可能性があるので注意しましょう。

今回紹介しているポータブル電源は、どれも正弦波なので、ここは気にしなくても大丈夫です。

出力波形 ランキング

  • 1位:Jackery ポータブル電源 708(正弦波)
  • 1位:BLUETTI EB70(正弦波)
  • 1位:PowerArQ(正弦波)
  • 1位:Anker PowerHouse II 800(正弦波)

定格出力(W)

定格出力は、安定して出力できる電力のこと。

「どのくらいの消費電力の製品を使用できるか」という指標になります。

例えば、

定格出力が100wのポータブル電源なら、使用できる製品は消費電力が100wまでとなります。

※使いたい製品の消費電力を知りたい方はこちらのサイト(オンリースタイルという車中泊のサイト)に、おおよその消費電力が載っています。

定格出力 ランキング

  • 1位:BLUETTI EB70(700w)
  • 2位:Jackery ポータブル電源 708(500w)
  • 2位:Anker PowerHouse II 800(500w)
  • 4位:PowerArQ(300w)

ソーラーパネル

ソーラーパネルを接続できれば、電源のない場所でもポータブル電源を充電できます。

ソーラーパネルの選び方は、価格、出力ワット数、電圧、電流、などを参考にすると良いですが、今回紹介している全てのポータブル電源は、専用のソーラーパネルがあるので、そちらを購入するといいです。

ソーラーパネル ランキング

  • 1位:Jackery ポータブル電源 708(専用ソーラーパネルあり)
  • 1位:BLUETTI EB70(専用ソーラーパネルあり)
  • 1位:PowerArQ(専用ソーラーパネルあり)
  • 1位:Anker PowerHouse II 800(専用ソーラーパネルあり)

重量

重量は軽い方が、持ち運びが楽です。

重量(軽さ)ランキング

  • 1位:PowerArQ(6.0Kg)
  • 2位:Jackery ポータブル電源 708(6.8Kg)
  • 3位:Anker PowerHouse II 800(8.3Kg)
  • 4位:BLUETTI EB70(9.7Kg)

コメント

タイトルとURLをコピーしました