経済力がない。そんなあなたでも結婚できる!

恋愛

結婚したいけど経済力がないからとあきらめているあなた。

低収入だけど今の仕事を続けたいと思っているあなた。

収入が少ないと結婚できるか不安ですよね。

ですが心配することはありません。

経済力がなくても結婚している人はたくさんいます。

では、どうすればいいのか…

ここでは経済力がなくても結婚できる方法を紹介していきます。

経済力がない。そんなあなたでも結婚できる!

経済力がなくても結婚はできます。

経済力がないと結婚できないという法律はないんです。

僕も経済力がないのに結婚できましたし、友人の中には無職の時に結婚したやつもいます。

経済力がないのに結婚できている人が世の中にいるということは、あなたにも可能だということです。

経済力がなくても結婚できた話

僕は30歳を過ぎて年収300万円もいかない頃に結婚しました。

その後転職し年収400万円ほどになりましたが仕事がうまくいかず、このブログを書いている現在は仕事を辞め無収入2か月目で、貯金で何とかなっている状況です。

ですが、奥さんは何も文句をいいません。

ちなみに奥さんが高収入なわけでもなく、パートを半日しているだけです。

こんな甲斐性のない僕でも結婚できているのです。

女性のほとんどが経済力を求めている

とはいっても世の中の女性のほとんどは、男性に経済力を求めているというのが現実です。

では、そんな世の中でどうやったら結婚できるのかを以下で紹介していきますね。

具体的な方法

結婚するまでは彼女にお金を使わない

僕は結婚すると決めた女性以外は絶対にお金を使わないと決めていました。

なぜかというと、女性にお金を使っても自分の魅力は上がらないからです。

女性にご飯をごちそうしたり、プレゼントを渡したりしていると女性はお金を持っているあなたに魅力を感じるようになるんです。

しかし、いっさいお金をかけないで女性と付き合うとなると自分に魅力がないといけないのです。

そうなってくると、どうやったらお金がなくても女性と付き合えるのか考えますよね。

お金以外で女性を満足させるために必死に努力するはずです。

こうやって、お金以外で自分には何の魅力があって、相手の女性を満足させるために何ができるのかを自分で考えることが大事なんです。

こういった努力をしておくと女性はあなたに経済力を求めなってきます。

だって、経済力以外のあなたの魅力に惹かれるわけですから。

経済力以外の魅力をもつ

上記で説明したように経済力以外の魅力をもつことはとても大切です。

これは、いま経済力があるひとにも言えることです。

たとえ現在経済力があったとしても、世の中何が起こるかわかりません。

もし会社をリストラされ経済力がなくなったとき、自分に魅力がなければ奥さんに捨てられてしまうでしょう。

料理がプロ級に上手とか、めちゃくちゃ優しいとか、芸能人級に顔がカッコいいとか、なんでもいいから相手が満足するような自分の魅力を探しましょう。

もし自分には何も魅力がないと思っているのなら、このブログの恋愛カテゴリの記事をいくつか読んでみてください。どうやったら魅力的な男になれるのかを書いています。

給料を相手に言わない

結婚するまでは、もしくは結婚してからも相手に給料を言わないというのも一つの手です。

結婚でお金の話になったときは、「家賃と光熱費は自分が負担するから食費はそっちでいい?」とか、こんなふうに話し合っておけば相手も安心しますし、あなたは家賃と光熱費程度を稼げばいいわけです。

結婚前から相手に説明しておく

相手に説明しておくといっても、あなたが低収入だということを説明するわけではありません。

「男にお経済力を求めるのはバカバカしい」ということを説明しておくのです。

「男に経済力を求めて結婚しても、結婚したあとに旦那が病気したらどうするの?」

「自分で自立できない女性は結婚してもうまくいかないと思う」

とか、普段の会話からこういった事を言っておくと女性は男性に経済力を求めることがバカバカしくなってくるはずです。

実際に僕は、女性が男性に経済力を求めるのはバカバカしいと思っています。

月収20万くらいは女性でも稼げますからね。

男性が家事をしてもいいわけですし、男女平等じゃないですか。

年上の女性と付き合う

年上の女性は年下の女性と比べ、男性に経済力を求めない人が多いです。

最初から経済力を求めていない女性と付き合うのは手っ取り早いですね。

お金を貯める

経済力がないからといっても、結婚するにはある程度お金が必要です。

結婚式を挙げたり、新居を探したり、引っ越し代や家具をそろえるのにもお金がかかります。

その時点でお金がないと、女性も不安になるでしょう。

最低限必要なお金くらい貯めておけば女性も安心します。

初期費用は必要ですが、それ以降はある程度の収入があれば何とかなります。

婚活の方法を変える

結婚相談所や婚活アプリ、婚活パーティー等ではプロフィールに年収を書かなければいけない事がほとんどです。

世の中の女性は、男性に経済力を求める人がほとんどというのが現実ですから、経済力以外の魅力がプロフィールに書いてなければ、プロフィールを見た時点でふるいにかけられるでしょう。

その時点でふるいにかけられるようならば、婚活の方法を変えた方がいいかもしれませんね。

女性と出会える方法はたくさんあるので、【女性と出会う方法】を読んでみてください。

経済力を求めない女性の職業

全ての人がそうとは限りませんが、比較的経済力を求めない女性が多い職業があります。

例えば介護士の女性は自分も低収入ですし、お金をかけないで生活するのに慣れています。優しいひとが多いし、低収入の介護士どうしで結婚している人も結構います。

保育士なんかも介護士と同じようなことが言えると思います。

他にも、僕が知っている看護師の旦那さんは専業主夫だったり、低収入だったりします。

高収入の女性だったら男性の経済力がなくても生活できますからね。

ちなみに歌手の宇多田ヒカルさんは「私が人生のパートナーに求めるものランキングの最下位:経済力」とTwitterでつぶやいていました。

こういった、経済力をそこまで求めていない女性を職業からさがすのも一つの手段です。

まとめ

経済力がなくても結婚できるというのは事実です。

そのためには…

経済力以外の魅力をもつことや、経済力がなくても生活できるということを女性に納得してもらうこと、経済力を求めていない人を探すこと等の方法があります。

あなたも経済力がないからといって結婚をあきらめず、ここで紹介した方法を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました