さりげない優しさで周りの男と差をつけろ!不細工でもできる女性が嬉しいと思う行動25選!

恋愛

女性は優しい人が好きと言うけれど、いくら優しくしても女性に相手にされないあなた。

女性が求めている優しさの意味を間違っているかもしれません。

自分では”優しさ”だと思ってやったことでも、女性からしたら何も感じていなかったりすることがあります。

間違った”優しさ”は、何度繰り返しても女性に相手にされません。

ここでは、どんな行動で”優しさ”を見せればよいのかを紹介していきます。

しっかり身につけて他の男性と差をつけましょう。

さりげない優しさで周りの男と差をつけろ!不細工でもできる女性が嬉しいと思う行動25選!

大切にされたり、女性扱いされると、どんな女性でも嬉しいものです。

しかし、意外と多くの男性はこれがうまくできていません。

恥ずかしくてできなかったり、狙った女性だけに過剰に優しくして下心が丸見えだったりしているんです。

ですので”さりげなく”というのが大事です。

そして、優しくするんだったら見返りを求めてやってはいけません。

以下で紹介することもアピールし過ぎず、さりげなくやって下さいね。

車のドアを開けてあげる

車のドアを開けてあげるなんて、普通恥ずかしくてできませんよね?

なので、ほとんどの男性はこんなことはできません。

だからこそ、他の男性と差をつけることができるんです。

お店のドアを開けて先に通す

お店のドアを開けて先に通すくらいは、難易度が低いので誰でもできますね。

しかし、これでキュンとしている女性は多いんです。

これで他の男性と差をつけるのは難しいかもしれませんが、やらないよりはやった方が絶対にいいです。

エレベーターで先に通す

エレベーターに乗り降りするときは先に通してあげましょう。

そして、ドアが閉まってぶつからないように「開」ボタンを押しておいてあげてください。

また、他の人たちが乗ってきたら壁側に女性を誘導してあげるといいですね。

イスを譲る

Cheerful sitting on chair

待合室などで椅子が一つしか空いていない場合は、女性に譲ってあげましょう。

ただし、自分たちより年配の人がいる場合は年配の人に譲ってください。

女性に優しくするだけでなく、他の人にも優しくすることで「この人はいつも優しいんだろうな」とか、「下心で優しくしているんじゃない」と思われます。

奥の席やソファ席を譲る

飲食店などで奥の席やソファ席などの良い席を女性に譲ることで「大切にされているな」と思われます。

ただ、人によってはトイレに近い席の方が良かったり、人に見られるから奥の席が嫌な女性もいます。

座る前に「どっちがいい?」とさりげなく聞くと良いでしょう。

食べるスピードを合わせる

基本的に男性の方が食べるスピードが速いものです。

ですので普通に食べると男性の方が先に食べ終わってしまいます。

しかし、男性が先に食べてしまうと、女性は「速く食べなきゃ」と焦ったり、「食べるのを見られているようで不快」と感じてしまいます。

食べるスピードを合わせることで、相手も落ち着いて食事ができリラックスして会話を楽しめるんです。

女性が残したものを食べてあげる

飲食店によっては一つの料理の量が多い場合もありますし、小食の女性も多いです。

女性が食べ切れなそうにしている場合や、料理を残した場合は食べてあげましょう。

しかし、食べ残しを食べられたくない女性もいますので、一言「食べよっか」と声をかけたり、「残してもいいよ」と声をかけてあげるといいでしょう。

空いたグラスや皿を片付ける、料理を取り分ける

女性の服装によっては、料理を取り分けたり、空いた皿を片付けるときに服が汚れてしまうことがあります。

あなたが皿を片付けてあげたり料理を取り分けることで、女性の服が汚れずにすみます。

日本では、”料理を取り分けたり皿を片付けるのは女性が行うもの”というイメージが強いので、片付けや取り分けをする男性はあんまりいません。

ですので、こういった行動で他の男性と差がつくんです。

他に注文するものがないか聞く

女性が料理を食べ終わったり、グラスが空いていたりしたら「何飲む?」とか「何か注文する?」と声を掛けてメニューを渡してあげましょう。

女性からは言いづらかったりするものです。

しかし、飲み終わってすぐに「何飲む」などと聞かないようにしましょう。

すぐに聞いてしまうと相手はせかされているように感じるので、タイミングに気を付けて下さい。

スマートに会計を済ませる

女性がトイレに行っている間や、自分がトイレに行くふりをして会計を済ませておくとスマートです。

ただ、男性に奢られることが嫌いな場合や、女性軽視と思われることもあるので気を付けて下さい。

車道側を歩く

道を歩くときは男性がさりげなく車道側を歩くことで「守られている」とか「大切にされている」と感じる女性は多くいます。

車が来て危ないときは手を引っ張って「危ないよ」と声をかけてもいいでしょう。

しかし、男性が車道側を歩くことに対し「そのくらいでときめかない」と思う女性もいますので「絶対に車道側を歩かないと!」と気合を入れなくてもいいですが、気づいたら自然に車道側を歩くといいでしょう。

歩くスピードを合わせる

車道側を歩くことより気をつけた方がいいのは歩くスピードを合わせるということです。

女性と男性は体格も違うし身体能力も違うので女性の方が歩くのが遅いのは当然です。

また、ヒールを履いていたりするとさらに歩きづらくなります。

それなのに、あなたがさっさと先に歩いてしまっては「大切にしてもらってない」とか「自分の事しか考えていない」と思われてしまいます。

なので女性のスピードに合わせてあげましょう。

また、女性がヒールを履いているときは、長時間歩かせるようなデートは避けたり、途中で休憩を挟んであげてください。

体調を気づかう

女性は体調が悪くてもあなたのことを気づかって言い出せなかったり、体調不良を気づかせないように明るく振る舞っていることがあります。

ちょっとした女性の変化に気づいて、あなたの方から相手の体調を気づかってあげましょう。

長時間デートをしている時に「疲れてない?」「ちょっと休もうか?」と聞いたり、仕事場でしんどそうだったら仕事をさりげなく手伝ってあげたりしてください。

しかし、あんまり何度も「大丈夫?」などと聞きすぎると「しつこい!」と思われるので気を付けて下さい。

重い荷物を持つ

女性の荷物を持ってあげるという男性は結構いますが、女性の小さい荷物まで持ってあげなくていいんです。

自分の荷物くらい自分で持ちたい」「プライベートなものが入っているカバンをひとに持たれたくない」「周りからお高い女に思われそう」と思っているのが女性の本音です。

しかし、重たい荷物は別です。

買い物などで荷物が多くなったり、女性が重たいものを持っている場合はさりげなく持ってあげましょう。

人が嫌がることを率先してやる

人の嫌がるようなことを率先してやることで器の大きな人だと思われます。

しかし、普通は人の嫌がることなんてやりません。

なので、他の男性と差をつけることができるんです。

飲み物の蓋(ふた)を開けて渡す

女性は男性より力が弱かったり、ネイルをしているとペットボトルや缶の蓋(ふた)が開けづらいときがあります。

そんな時に、蓋(ふた)を少し開けてから渡してあげるといいです。

ここまで気を使える男性は少ないので、ぜひやってみてください。

雨に濡れないように気づかう

雨に濡れると女性はメイクや髪型が崩れたり、洋服が濡れて不快なままデートをしなければいけなくなります。

ですので、雨が降っているときは女性が濡れないように気を使いましょう。

ドライブデートの場合は入口に車をつけて先に女性を降ろしてから駐車場に停めたり、自分が先に降りて傘をさしてあげてください。

エアコンの温度を気づかう

車でデートしている時や家でデートをするとき、個室の飲食店など、エアコンの温度を調整できる場合は女性に合わせてあげましょう。

女性からは言い出しにくいので「寒くない」とか「エアコンの温度大丈夫?」と声を掛けてください。

また、ブランケットがある場合は渡してあげたり、ない時は上着をひざ掛けにしてあげてもいいでしょう。

急ブレーキを踏まなければいけない時にサッと手でかばう

急に車が飛び出してきたりしてやむをえず急ブレーキを踏まなければいけない時にサッと手でかばってあげると「とっさの時でも守ろうとしてくれている」と思われます。

安全運転や周りへの配慮ができる運転をする

いくら運転がうまくてもマナーの悪い運転は女性に引かれるだけです。

相手が安心してドライブを楽しめるような安全運転が本当に優しい運転です。

また、歩行者や対向車に道を譲ってあげたりする配慮も、マナーの良い素敵な男性だなという印象を与えます。

トイレ休憩を挟む

トイレに行きたい」と自分から言うのは勇気がいります。

まだ付き合ってもいないなら、なおさらです。

ですので、あなたから「休憩しようか」とか「トイレ行ってきてもいい?」と言ってあげると「私も行こうかな」と言い出しやすくなります。

「気を付けてね」とか「家に着いたら連絡して」と声をかける

帰り際に、一言「気を付けて帰ってね」「家に着いたら連絡してね」と言ったり、待ち合わせの前に「気を付けて来てね」と声をかけると、女性に「心配してくれる優しい人」という印象を与えます。

時には本音で叱る

デリカシーのない本音やただ感情で怒るのは良くないですが、相手が間違ったことをしていると感じたら、ちゃんと叱ったり本音で意見を伝えましょう。

本当に相手を想って叱った場合は、その優しさが伝わるはずです。

相手が間違ったことをしているのに、何でも「いいよ」「大丈夫だよ」と許すというのは優しさではなくただ臆病なだけです。

それを優しさだと思っている人は、優しい人止まりの物足りない男性で終わってしまいます。

話がつまらなくても聞いてあげる

女性の話って男性からしてみればオチがなくてつまらないと思ってしまうことが多いですよね?

しかし、そこであなたがつまらなそうに話を聞いたり「それはこういうことだよ」と口を挟んたりしてはいけません。

オチのない話でもきちんと聞いてあげることで「余裕のある優しい人だな」と思われるんです。

相手が失敗しても大きな心で受け入れる

女性が人前で恥ずかしい思いをしたり失敗しても、受け入れてフォローしてあげましょう。

例えば、女性が滑って転んだときは、手を差し伸べたあとに「え?なんかつまづくものあった?」と、からかって笑いにしてあげましょう。

そして笑いにしたあとは「ケガしてない?」と真面目に心配してください。

他にも、仕事上のミスをさりげなくフォローしたり、相手が遅刻しても許してあげたり等、相手の失敗を受け入れることのできる器の大きい男性になりましょう。

優しいだけの男は物足りない

いつも女性の言う事に「うんうん」と言って合わせたり、女性のわがままを許すことが優しさではありません。

しかし、自分で”優しい”と思っている男性はこういう人が多いんです。

そういう優しさは「優しいけれど物足りない」と思われて終わりです。

いつもは優しくしなくてもいいので、肝心な時に女性を気づかえる優しさを身につけて下さい。

そっちの方がギャップがあって女性には響きます。

みんなに優しくしよう

普段から老若男女問わず優しく接するように心がけておくと、女性にも自然に優しくできるようになります。

狙った女性にだけ優しくしていては、いざという時にぎこちなくなるし下心がバレてしまいます。

また、誰にでも優しくしておくことで女性から嫉妬されることがあります。

嫉妬されるということは”あなたを好きになっている”という証拠です。

私だけじゃなく誰にでも優しくするんだ」とガッカリしながらも、他の女に取られたくないという心理が働くんです。

それだけでなく色んな人に感謝されることであなたの評判も上がりますし、評判が上がることで自分に自信がつきます。

自分に余裕がなければ人に優しくできない

人に優しくするには自分に余裕がなければいけません。

自分に余裕がなければ、どうしても自分で精一杯になってしまって周りの事が見えなくなってしまいます。

ですので、自分を磨いて自信をつけたり、仕事ができるように努力したり、自分の時間を大切にしたりして余裕をもって人と接することができるようになりましょう。

【自分磨きをする男がモテる理由と自分磨きの方法】

まとめ

みんなと同じような優しさや、心から相手の事を考えていない優しさでは女性を喜ばせることはできません。

また、普段から誰にでも優しく接しておかないとボロが出てしまいます。

全ての女性が上記のようなことで喜ぶとは限りませんが、色々やってみて良いと思ったものや自分に合った方法を使って下さい。

女性が求めている時にさりげない優しさをみせれる男になって、他の男性と差をつけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました